Googleマップにリスティング広告を配信する方法

date
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. Googleマップにリスティング広告を配信する方法

ローカル検索広告について

「Googleマップにリスティング広告を配信し、集客につなげたい」
こう考えているマーケティング担当者、経営者はたくさんいるでしょう。

しかし、
「どうすればGoogleマップにリスティング広告を出稿できるの?」
と悩んでしまい、中々行動に移せていない人も多いと思います。

そこでこの記事では、Googleマップにリスティング広告を配信する方法と、Googleマップのリスティング広告にはどのような特徴があるのかということについて、詳しく解説していきます。

Googleマップに配信できる広告とは?

ローカル検索広告の画面

お店の詳細に広告の文字が入っている

Googleマップに配信できる広告というのは、ずばり、「ローカル検索広告」です。

ローカル検索広告というのは、リスティング広告の一部でありクリック課金で「業種 + 地域」で検索をするユーザーの集客に役立ちます。

例えば、
「六本木 和食」
このような検索をかけてきたユーザーに対して、アプローチをかけていくことができるのです。

Googleローカル検索広告の特徴

では、Googleローカル検索広告には一体どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。
これから紹介する特徴を正しく理解することで、無駄な予算をかけることなく、効率的に集客できる可能性が高まります。

店舗の近くにいるユーザーに配信できる

Googleローカル検索広告は、先ほども解説したように、
「地域+業種」
で検索をかけてきた人に、配信することができます。

例えば、
「六本木 和食」
で検索をする人というのは、現在六本木にいて、おいしい和食屋さんを探している可能性が非常に高いです。

そのため、それまで自店舗の存在を知らなかったとしても、Googleローカル検索広告を見たことにより、「このお店に行ってみよう」と思ってもらえる可能性が高まるのです。

目的意識の高いユーザーにアプローチできる

Googleローカル検索広告というのは、目的意識の高いユーザーにアプローチできるという特徴もあります。当然ですが、
「六本木 和食」
で検索をかけてくるということは、少なくとも六本木にある和食屋さんに興味を持っているということです。

このように目的意識の高いユーザーに訴求していくことで、来店や売り上げに繋げることができるのです。

来店型ビジネスと相性が良い

Googleローカル広告というのは、来店型ビジネスと非常に相性が良いです。
例えば、オンラインで完結するビジネスを展開している場合、Googleローカル検索広告を配信しても、認知度は上がるかもしれませんが、売り上げに繋げたり、問い合わせに繋げたりということは難しくなるのです。

ローカル検索広告の利用する手順

では、そんなローカル検索広告を利用する手順について、詳しく見ていきましょう。
ローカル検索広告を配信する場合、必ず必要になることがあります。
それは、

  • グーグルマイビジネスへの登録
  • グーグル広告アカウントの開設です。

こう聞くと、難しいと感じる人がいるかもしれませんが、これから紹介する手順に沿って手続きを進めていけば、すぐに登録が完了します。

グーグルマイビジネスへの登録

まずは、Googleマイビジネスの初期登録を完了させましょう。
初期設定では、

  • 屋号
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間

など、あらかじめ空欄になっている箇所がありますので、そこをしっかりと埋めていきます。

グーグル広告アカウントの開設

次に、Google広告アカウントの開設です。
こちらも、画面の指示に沿って登録を進めていけば良いため、特別な知識やスキルは必要ありません。

Googleマイビジネスと、Google広告アカウントの設定が完了したら、両者のアカウントを同期させます。
方法は、Googleマイビジネスの画面に飛び、

  1. 広告と広告表示オプションをクリックする
  2. 画面上部にある広告表示オプションをクリック
  3. +ボタンをクリックし、マイビジネスアカウントと連携させる

たったこれだけの作業です。

ここまでの作業が完了したら、いよいよ広告設定に入ってきます。
まずは、Google広告の画面に飛び、表示させたいキーワードを決めていきます。
例えば、
「六本木 和食」
という検索キーワードに対して表示させたい場合は、この2つのキーワードを入力していきます。

その後に、広告文やキャンペーンの設定などを行い、広告表示をオンにするのです。

ローカル検索広告の成果を確認する方法

最後に、ローカル検索広告の成果を確認する方法について、詳しく解説していきます。
Google広告を配信しようと思っている人の中には、
配信すれば集客できる」と思っている人もいます。

しかし、ただ広告を配信しただけでは、何の効果も得られない可能性があるのです。
そのため、広告を配信したら、定期的に成果を確認し、配信方法や予算を見直していくことが大切になります。

具体的な広告成果確認方法は、GoogleAdwordsというサイトの管理画面で行うことができます。
手順としては、

  1. 管理画面右上の三本線をクリック
  2. 「クリックタイプ」をクリック
  3. 「表示タイプ」「クリック数」「クリック率」「クリック単価」が表示される

このような流れになります。

広告の配信が完了したら、定期的にこの管理画面を確認し、配信した広告がしっかりと成果を上げているかどうかを確かめていきましょう。