美容室の集客にリスティング広告は有効か?

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. 美容室の集客にリスティング広告は有効か?

美容室の集客にリスティング広告は有効か?

美容室の集客をポータルサイト中心に行っているオーナーさんの中には、ポータルサイト以外の集客方法を模索している人もいるでしょう。

ただ、ポータルサイト以外の集客方法を中々見つけることができず、悩んでいる人も多くいるのです。そのような美容室のオーナーさんにおすすめしたいのが、リスティング広告です。

とはいえ、リスティング広告の効果について疑問を抱えている人も多いと思います。そこで本記事では、美容室の集客にはリスティング広告が効果的なのか、ということについて、詳しく解説していきます。

美容室の集客といえば

ではまず、美容室の代表的な集客方法の種類について、詳しく解説していきます。

ホットペッパーなどのポータルサイトに掲載

まずはホットペッパーなどのポータルサイトに掲載する方法です。近年では、美容室の情報をまとめるポータルサイトが急成長しています。その結果、スマホやパソコン、タブレットで美容室を予約する人も急増しているのです。

ただ、ポータルサイトへの掲載は無料ではありません。そのため、やり方によっては費用対効果が悪くなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

また、ポータルサイトによっては、ポータルサイト経由で予約が発生した場合、何割かを中間マージンとして徴収するシステムを採用しているケースもあります。

SNSの利用

続いてはSNSの利用です。SNSを使って集客をする事で、広告費などをかけることなく情報を拡散していくことができます。そのため、上手くいけばかなり低コストでたくさんのお客さんを集めることができるでしょう。

しかし、SNSで集客をするためには、フォロワーをたくさん集める必要があります。
また、それぞれのSNSに合ったコンテンツを作成して投稿する必要があるため、手間がかかってしまう可能性があります。

お店のホームページ

そして、お店のホームページに自然検索(SEO)やSNSなどを使って集客するという方法もあります。自社サイトを作成し、そこにコンテンツを投下していけば、そのコンテンツを閲覧したユーザーが予約をしてくれるかもしれません。

この方法も、サイト作成費用はかかりますが、広告費などをかけずに集客をすることができます。しかし、SEOだと自社サイトや自社ページを上位表示するまでに時間がかかってしまうケースがあり、即効性は期待できないので注意が必要です。

また、SNSで集客をする場合は、ある程度のフォロワーが必要になり、尚且つ美容室の潜在顧客に刺さるような投稿をしていく必要があります。

周辺にビラ配り

最後は周辺へのビラ配りです。駅前や店前などに立ち、通行人などに割引クーポンが付いたビラを配るというアナログな方法です。

店舗周辺でビラ配りをする事で、近所に住んでいる人に宣伝できる可能性が高くなります。
近所という理由は、強い来店動機になりますので、高い集客効果を得られる可能性があるのです。

美容室の集客にリスティング広告はアリな理由

美容室の集客方法には様々な種類がありますが、リスティング広告での集客も非常におすすめです。では、美容室の集客方法にリスティング広告がおすすめできる理由について、詳しく解説していきます。

リスティング広告は来店型ビジネスモデルと相性がよい

リスティング広告というのは、来店型ビジネスモデルとの相性が非常に良いです。
その理由は、配信地域の限定やユーザー層の絞り込みなどが簡単にできるからです。

例えば、渋谷で美容室を経営していた場合は、配信エリアを渋谷や渋谷周辺に限定することができます。

そうすることで、北海道や鹿児島など、物理的に来店が難しいユーザーに広告を配信せずに済みますので、費用対効果を上げながら、効率的に集客をしていくことができるのです。

また、それぞれの美容室でターゲットとしているユーザーが違うと思います。リスティング広告では、広告を配信するユーザーの性別や年齢などを限定することができるため、情報を届けたいユーザーにしっかりとアプローチしていくことができるのです。

Googleマップにも広告の出稿ができる

リスティング広告というのは、Googleマップにも出稿をすることができます。

これを、専門用語でローカル検索広告と呼ぶのですが、エリア名と業種名で検索をしてくるユーザーに直接訴求をすることができます。

Googleマップにリスティング広告を配信する方法

「Googleマップにリスティング広告を配信し、集客につなげたい」 こう考えて……続きを読む
ローカル検索広告について

例えば、渋谷で美容室を探している人が、「渋谷 美容室」とGoogleマップで検索をした場合、自社の情報が公開されるようになっているのです。そうすることで、新規のユーザーを獲得しやすくなります。

また、ローカル検索広告を利用することで、スマホを使って検索をしてくるユーザーへのアピール力が高まる傾向にあります。

なぜなら、

  • Googleマップの検索結果×ローカル検索広告
  • リスティング広告×ローカル検索広告

が同時に表示されるケースがあるからです。

このように、美容室の表示面積を増やすことで、認知度を高めることができ、集客に繋げられる場合があるのです。

リピーターが多いお店

ポータルサイトなどに美容室の情報を掲載して集客をする場合、初回の予約はポータルサイトからでも問題ありませんが、2回目以降は直接予約をしてくれるように工夫をしていく必要があります。

リスティング広告を使い、リピーターを獲得することができれば、顧客1人当たりが生み出す生涯売り上げ(LTV)を向上させることができるのです。

そのため、現段階でリピーターが多いお店は、是非リスティング広告の出稿を検討してみることをおすすめします。

新規の集客にお困りなら一度試すのもあり

美容室の集客方法には、様々な種類があります。どの方法にも、強みやメリットがありますので、それぞれを上手に活用して集客につなげていくことが大切です。

ただ、中には、

  • 更なる集客効果を狙いたい
  • もっと効率的に集客をしていきたい
  • ビラ配りができるほどリソースに余裕がない
  • ホームページを運用できる人材がいない

というケースもあるでしょう。

そのような場合は、是非リスティング広告を活用してみることをおすすめします。

美容室というのは、来店型サービスとなることが多く、リスティング広告と非常に相性が良いです。

また、Googleマップにも広告を掲載することができるため、潜在顧客にアプローチしたり、認知度を高めたりすることもできます。

特に、現段階でリピーターが多い美容室というのは、リスティング広告を使って更にリピーターを増やし、LTVを最大化できる可能性が高くなるのです。