リスティング広告を運用するなら自社?代行業者?比較してみた

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. リスティング広告を運用するなら自社?代行業者?比較してみた

広告運用するなら自社か代行か

リスティング広告を運用する時に担当者の頭を悩ませるのは、運用を自社で行うか、代行業者に委託するかということだと思います。

リスティング広告の運用を、代行業者に依頼した場合は、運用の手間を省くことができますが、広告費以外にも手数料がかかります。

一方、自社で運用する場合は、広告費以外の費用は発生しませんが、成果が出るのかというのはまた別問題です。

そこで、この記事では、リスティング広告を自社で運用する場合と、業者に依頼をする場合のメリット、デメリットを解説していきます。

どちらで運用しようか迷っているという人は、それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、自社に最適な方を選択してみてください。

自社(インハウス)でリスティング広告を運用するメリット

まずは、自社でリスティング広告を運用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

手数料がかからない、代行業者に支払わなくてよい

代行業者を使ってリスティング広告を運用する場合は、予算に加えて運用手数料が発生してきます。

この手数料は、大体予算の20%前後に設定されていることが多いのですが、毎月予算の20%前後を支払うとなると、大きな金額になってしまいます。

また、代行業者に依頼をする場合は、キーワード選定や予算の設定などの初期設定にも費用がかかってくる場合があります。

しかし、自社でリスティング広告を運用する場合は、このような手数料が一切かかりません。そのため、用意するのは広告を運用するための予算だけでよくなるのです。

また、代行業者のほとんどは、最低予算額を設定しています。つまり、最低額以上の予算を提示しないと、運用を引き受けてもらえないということです。

自社で運用すれば、このような制限もないため、手数料0円且つ数万円の予算からでも始めることができるのです。

仮に自社スタッフの中にリスティング広告の運用経験がある人や、一定の知識がある人がいるのであれば、そのスタッフの人件費の方が手数料より安くなるケースもあるのです。

自社にノウハウが蓄積する

リスティング広告の運用を代行業者に任せた場合は、自社に「どのようなキーワードのCPAが良い」や「広告文Aの反応がよかった」などのデータ蓄積されません。なぜなら、リスティング運用に関する作業をほとんど任せてしまうからです。

しかし、自社で運用をする事で、知識がないと最初はうまくいかないかもしれませんが、徐々に広告運用のノウハウが蓄積していきます。

そうすることで、リスティング広告運用に関するコストを下げていくことができるため、費用対効果を高められる可能性があるのです。

また、リスティング広告の運用ノウハウが蓄積し、社内でマニュアルを作成することができれば、担当スタッフが変わったとしても問題なく広告を運用していくことができます。

自社(インハウス)でリスティング広告を運用するデメリット

続いては、自社でリスティング広告を運用するデメリットについて、詳しく解説していきます。

知識があまりない人にはハードルが高い

リスティング広告というのは、アカウントの設定や広告文の作成など、やるべきことがたくさんあります。

これらの設定には、一定の知識が必要となりますので、全く知識のない自社スタッフが行うとなると、かなりハードルが高くなるのです。

そのため、自社スタッフがやる気になっていても、何をどうすればいいかわからなくなってしまい、「お金を無駄に使ってしまうのではないか?」結局リスティング広告の出稿をあきらめざるを得なくなってしまうケースもあります。

こうなってしまうと、リスティング広告の運用によって得られるはずだった利益が残せなくなってしまいますので、大きな機会損失に繋がってしまいます。

スキル、経験もないと失敗する可能性が高い

リスティング広告は、運用者のスキルと知識によって、結果が大きく分かれます。そのため、リスティング広告の運用経験、スキルが全くない自社スタッフが運用を始めると、失敗する可能性が高くなるのです。

また、リスティング広告運用の経験やスキルがないと、なぜ失敗したのか、どうすれば結果に繋がるのかということを理解することも難しいため、ただ予算を無駄遣いして終わってしまうケースも考えられます。

更に、リスティング広告の仕様というのは、ものすごい速さで追加や変更がなされているのです。

この変化のスピードに対応し、臨機応変に対応していくことができないと、リスティング広告の効果を最大限に引き出すことができなくなってしまう可能性があるのです。

教育コストがかかる

リスティング広告の運用経験、スキルがない自社スタッフを広告運用担当とする場合、教育コストがかかるケースがあります。

自社にリスティング広告のスキルと経験を持っている人材がいない場合、外部に依頼をして指導をしてもらう必要が出てきます。

また、仮に広告運用担当を配置できる程人材に余裕がない場合は、新たに採用をする必要があり、ここにもコストが発生してきてしまいます。

そのため、コストをかけて人材を育成、配置をするのであれば、外部に依頼してしまった方が安く、高い効果を得られるケースもあるのです。

運用コスト、作業時間が必要になる

リスティング広告というのは、一度投稿して終わりではありません。広告を出稿したら、その都度データを確認して、広告文やLPの改善を行っていく必要があるのです

自社でリスティング広告を運用する場合は、リスティング広告の運用を行うための人件費や、作業時間についてもしっかりと検討する必要があります。

このポイントについてしっかりと検討しておかないと、リスティング広告の成果よりも、人件費の方が高くなってしまうという悪循環が生まれてしまう可能性があるのです。

また、リスティング広告の運用担当を設置したことで、他の仕事が回らなくなってしまい、新たな人材を採用せざるを得なくなるという事態を招く可能性があります。

リスティング広告でしっかりと成果を上げられていて、新しい人材を採用しても利益を確保できるという場合は別ですが、そうでない場合は費用対効果が悪くなってしまう可能性があるため注意しましょう。

更に、リスティング広告を出稿した後は、しばらくデータを集め、そのデータを元にABテストを実施していくことが大切です。

リスティング広告に関する情報収集も必要になります。

常に最新情報をキャッチして、その情報リスティング広告運用に活かしていかないと高い効果が得られなくなってしまうこともあるのです。

ただ、このような情報収集にも手間がかかりますし、それなりの知識も必要となりますので、自社内にこのようなリソースがあるのかということを検討することも大切です。

業者にリスティング広告運用を代行するメリット

続いては、業者にリスティング広告運用を任せる場合のメリットについて、詳しく解説していきます。

運用コストがかからない、作業時間もゼロ

リスティング広告の運用を代行業者に依頼する場合は、自社で運用担当を用意する必要もありませんし、リスティング広告関連の作業もほとんど業者に任せることができます。

そのため、その分のコストをリスティング広告の予算として追加することもできますし、空いた時間を有効活用することもできるのです。

成果が出やすい

リスティング広告の運用代行業者というのは、その道のプロです。そのため、全く知識のない自社スタッフに任せるよりも、成果が出やすくなります。自社でリスティング広告の運用を行う場合は、

  • アカウント開設
  • 入金設定
  • キーワード選定
  • 広告文作成
  • 入稿

というような、非常にたくさんの作業が必要になり、多くの時間を取られてしまう可能性があります。

しかし、リスティング広告の運用代行業者というのは、広告運用のノウハウが既に蓄積されている状態ですので、とてもスピーディーに入稿作業を行うことができます。

また、データの分析やまた、ページの改善提案など、専門的な作業についてのノウハウも持っているため、効率的に成果に繋げてくれるのです。

業者にリスティング広告運用を代行するデメリット

続いては、業者にリスティング運用を依頼するデメリットについて、詳しく解説していきます。

手数料がかかる

まずは手数料がかかるということです。広告運用会社に依頼をする場合は、月額予算に加えて手数料が発生します。相場は大体20%前後となっていますが、広告運用の予算が多ければ多いほど、手数料も高くなってしまうということなのです。

このようなことから、あえて最低予算額ギリギリに設定して依頼をする会社もあるのですが、リスティング広告運用会社によっては、手数料が低いことからモチベーションが上がらず、しっかりと運用をしてくれなくなってしまう可能性があります。

もちろん、最低予算額で依頼をしても、快く引き受けてくれて、丁寧な運用をしてくれる業者もあります。

ただ、中にはこのような予算額の大きさで仕事の質が変わってしまう業者もいますので、注意する必要があるでしょう。

自社にノウハウが貯まりにくい

リスティング広告の運用を代行業者に依頼する場合は、手間を省くこともできますし、リスティング広告の運用コストも削減することができますが、自社にノウハウが貯まりにくくなってしまいます。

今後もリスティング広告の運用を外部に依頼するつもりなのであれば問題はありませんが、少しずつリスティング広告の運用をインハウス化していきたいと思っているのであれば、どこかのタイミングでインハウス支援サービスを受けたり、リスティング広告の知識とスキルを持った人材を採用したりする必要があるでしょう。

自社商品への理解度が低い

特に、馴染みのない商品や製品の広告を運用する場合、業者がその商品やサービスの内容を理解するのに時間がかかってしまう事があります。

また、現在の運用担当者が自社のサービスや商品への理解を深めた段階で、担当が変更になるという可能性も考えられるため、効率が悪くなってしまう事もあるのです。

まとめ

リスティング広告の運用について、「費用がかかってもよいから自社スタッフの育成をしたい」「人材に余裕がある」リスティング広告の運用に時間をかけてもよいという場合は、自社で運営を開始してみることをおすすめします。

逆に、

  • 運用コストはかけたくない
  • 時間をかけず、スピーディーに結果を出したい
  • そもそも配置できる人材がいないまたはリソースがない

という場合は、代行業者に依頼する方が良いでしょう。