リスティング広告で出稿しているページの直帰率を改善するには

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. リスティング広告で出稿しているページの直帰率を改善するには

リスティング広告に出稿しているページの直帰率を改善する

リスティング広告で出稿していて、クリック単価が安くて、表示回数も多いのにコンバージョンが発生しない!なんてこともあります。

そういった課題の解決作として直帰率を見直すことが大事ですよね。では、一体どうすればランディングページの直帰率を改善することができるのでしょうか。

具体的なコツを、いくつか紹介していきます。

直帰率とは?

直帰率というのは、ユーザーが1ページだけ見て離脱した割合のことです。直帰率は、当該ページの直帰数÷当該ページのセッション数×100という計算式で算出されます。

ただし、「直帰」というのは、1ページだけを見て去った人の割合のことですので、1ページ目を閲覧した後、内部リンクを踏んでページを閲覧したり、動画コンテンツやファイルダウンロードが行われたりした場合は、直帰とは呼びません。

直帰率の平均値について

直帰率というのは、それぞれのページでばらつきがあるものの、業界やページ種別によって平均値があります。

業界・業種

業界や業種別の直帰率の平均は以下になります。

業種 平均直帰率
飲食 65.62%
サイエンス 62.24%
動物 58.04%
ニュース 57.93%
エンタメ 56.52%
文献 56.04%
美容 55.86%
55.83%
法律 55.06%
コンピューター 54.54%
趣味 54.04%
通信 53.59%
バイク、車 51.96%
金融 51.71%
スポーツ 51.12%
旅行 50.65%
就職 49.34%
ゲーム 46.70%
ショッピング 45.68%
不動産 44.50%

(引用:https://mag.ibis.gs/marketing/analytics/bounceexit_190520/

あくまでも平均値ですが、自社の業界や業種から、平均値より直帰率が高いのか低いのかを判断してみることをおすすめします。

ページの種類別

そして、ページの種別でも直帰率の平均値が変わってきます。以下が平均値です。

ページの種類 平均直帰率
EC 20%から45%
B2B 25%から55%
リードジェネレーション 30%から55%
LP 60%から90%
ブログ 65%から90%

引用URL: https://mag.ibis.gs/marketing/analytics/bounceexit_190520/

かなりばらつきが見られますが、ECサイトというのは、それぞれの商品ページや、支払いに関するページを見たりすることが多くなるため、必然的に直帰率が下がる傾向にあります。

一方、メディア系のブログなどの場合は、ユーザーが意図していない状態で偶然発見し、興味本位で閲覧をする事も多いです。

そのため、自分が求める情報が書いていなかった場合は、すぐに離脱をしてしまうのです。

このようなことから、扱う商材によっては直帰率が90%台に上昇するのも珍しいことではありません。コンテンツの見直したり、内部リンクの設置などを行うことで、ユーザーを目的のページや別ページへ誘導することができるようになるため、直帰率を下げられるようになるでしょう。

直帰率を改善する方法

では、リスティング広告に出稿しているLPの直帰率を改善する方法とは、一体何なのでしょうか。具体的な施策をいくつか紹介していきます。

広告文と遷移先のページの関連性を見直す

まずは、広告文と遷移先のページの関連性を見直すということです。あまりにも関連性がない場合は、「関連性が低い」とGoogle側で判断されてしまい、表示される回数が下がります。

広告文と遷移先ページの関連性を高めることで、ユーザーの抱えているニーズに関心を惹き、ニーズを解決する内容のページの内容であれば直帰率の低下につながる可能性が高いのです。

リスティング広告をクリックするユーザーというのは、その広告に興味を持っているということですし、期待をしている可能性が高いです。

しかし、広告文に興味を持ってクリックした物の、遷移先のページで興味を持つ内容が記載されていなかった場合や、記載がされていないと感じてしまった場合、ユーザーの直帰率が上がってしまいます。

キーワードと遷移先のページの関連性を見直す

そして、リスティング広告を出稿しているキーワードと、遷移先のページの関連性を見直すことも大切です。

キーワードと、遷移先ページに関連性がないと、当然ですがユーザーはすぐに離脱してしまいます。

また、検索語句から、ユーザーの検索意図を読み取ることができれば、それに合わせたコンテンツをLPに作成して直帰率を改善することができるようになります。

Google広告の管理画面で「検索語句」のメニューから実際にユーザーがどのようなキーワードで検索をして、LPに辿り着いたのかを調べることができます。

ただし、直帰率を確認することはできないため、グーグルアナリティクスと併用して確認をしていくことが大切です。

ランディングページとコンテンツを見直す

広告文や説明文がどれだけ質の高い物でも、ランディングページとコンテンツの質が低いと、一瞬で離脱されてしまいます。

そのため、まずはランディングページに、ユーザーが知りたがっている情報が記載されているかどうかを確認してみましょう。

具体的には、

  • 競合との差別化をアピールできているか
  • 文章は短くまとまっているか
  • 読みやすく開業はされているか
  • 画像が適度に含まれているか

などに注目をしていくと良いでしょう。

とはいえ、文章の長さをどれくらいにするべきかで悩んでいる人もたくさんいます。
そのような場合は、一旦複数の競合他社のランディングページを確認してみることをおすすめします。

まとめ

リスティング広告で出稿しているページの直帰率を高めるための方法は1つではありません。
そのため、今回紹介した方法を参考にしながら、自社の商材に合った形でページを最適化していくことが大切になるのです。

直帰率を改善し、サイト回遊率を高めることができれば、それだけ自社サービスの認知度が高まる可能性があるため、コンバージョンにも繋がりやすくなるのです。

複数ページで構成されているECサイトなどに比べると、1ページで完結する長いページはどうしても直帰率が高くなってしまう傾向にありますが、工夫次第では直帰率を大幅に下げることができますので、直帰率で悩んでいる場合はすぐに改善に向けた施策を実行していきましょう。