WEB集客ならどっち?SEO対策とリスティング広告のメリット・デメリット

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. WEB集客ならどっち?SEO対策とリスティング広告のメリット・デメリット

SEO対策とリスティング広告のメリット・デメリット

WEB上で集客を行い、売り上げを上げていきたいと考えている経営者、または担当者の方はたくさんいるでしょう。

ただ、WEB集客を強化するために、SEO対策をしていくのか、リスティング広告を出稿させるのかで悩んでしまっている担当者の方も非常に多くいます。

そこでこの記事では、SEO対策とリスティング広告には一体どのようなメリット、デメリットがあるのかということについて、詳しく解説していきます。

SEOとリスティング広告を比較

SEOというのは、検索エンジン最適化の略称です。SEOを強化するためには、内部対策や外部対策を行って、自社ページを最適化させることが大切です。

リスティング広告というのは、クリック課金型の広告で、自然検索よりも更に上位に表示されます。簡単に言ってしまうと、お金を払って表示順位を引き上げる施策のことです。

WEB上で効率的に集客をしていくためには、SEOやリスティング広告を上手に使い分けていかなければなりません。

ただ、上記2つの集客方法を使い分けるためには、それぞれのメリット、デメリットを知っておく必要があります。

リスティング広告のメリット

ではまず、リスティング広告のメリットから詳しく見ていきましょう。

すぐに検索結果の1ページ目に配信できる

リスティング広告を出稿する場合は、アカウントを作成したり、広告文を作成したり、Googleからの審査を受けたりという手間はありますが、SEOよりも速いスピードで検索結果の1ページ目に表示が可能です。

そうすることで、すぐにユーザーに情報を届けることができるため、結果も比較的早く出てくる場合があるのです。

CVRが高いキーワードをすぐに発見できる

リスティング広告を出稿する場合、広告を表示させるキーワードを指定します。そのため、しばらく運用をしていると、CVR(コンバージョン率)が高いキーワードと低いキーワードがわかるようになってきます。

この結果を活用して、CVRが高いキーワードでの広告配信を強化していけば、より効率的に成果を得られる可能性が高くなるのです。

リスティング広告のデメリット

ただし、リスティング広告にはいくつかのデメリットも存在しています。

広告を止めると集客出来ない

リスティング広告を出稿している間は、検索結果の上位に表示できる可能性が高くなりますが、広告表示を止めてしまうと当然ながら広告枠には自社LPが表示されなくなります。

そのため、リスティング広告を出稿している間に、自社サイトのSEOを高めて、自然検索でも上位表示できるような施策をしていくことがおすすめです。

費用がかかる

リスティング広告はクリック課金型となっているため、広告が表示されただけでは料金がかかりません。

しかし、成約に繋がる可能性が高いキーワード、あるいは需要のあるキーワードの場合は、広告単価が高くなる傾向にあるため、予算が少ない場合は注意が必要です。

運用する必要がある

リスティング広告は、配信をした後も運用をし続ける必要があります。

リスティング広告を運用したことがない人の中には、出稿さえしてしまえば放置で問題ない、と思っている人もいるようですが、これをやってしまうとリスティング広告の効果を最大限に引き出すことができません。

リスティング広告を出稿した後は、様々なデータを照らし合わせて、PDCAサイクルを回していく必要があるのです。ただし、リスティング広告というのは、運用者のスキルや知識で成果が大きく変わってきます。

SEOのメリット

続いては、SEOのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

クリック率がリスティングより高い

SEO対策をして表示順位を上げた場合でも、リスティング広告より検索順位は下がります。
しかし、クリック率だけで見ると、SEOの方がリスティング広告よりも約3倍高いと言われているのです。

リスティング広告は、タイトル横に「広告」と表示されますので、ユーザーがクリックを避けることがあります。

しかし、SEOの場合は、そのような表記はされませんので、ユーザーの安心感や信頼を勝ち取れる可能性が高くなるのです。

そのため、よりたくさんのユーザーに閲覧して貰える可能性が高くなるため、コンバージョンに繋げやすくなるのです。

費用がかからない

SEO対策を外部に依頼をする場合は費用が発生しますが、全て自分で行う場合は費用がかかりません。

つまり、しっかりとSEO対策を行い、上位表示をすることができれば、ほとんどコストをかけずにたくさんのユーザーに閲覧して貰うことができるようになるため、費用対効果が高くなるのです。

ただし、SEO対策をするためには、ある程度のスキルと知識が必要です。

そのため、自社サイトのSEO対策を強化し、検索上位に表示するためにはSEOの仕組みをしっかりと理解した上で、検索エンジンとユーザーどちらにも好まれるようなサイトを構築していくことが大切になるのです。

SEOのデメリット

ただし、SEOにもいくつかのデメリットが存在しています。

上位に表示するには難しい

SEOで、検索回数が多い、需要のあるキーワードで検索1位を取るのは、ものすごく難しいです。

そのため、高度なスキルと知識のある担当者がいない場合は、中々自社サイトを上位表示させることができなくなってしまう可能性もあるのです。

また、上位表示させるために、キーワードを不自然に羅列させたりすると、ペナルティの対象となります。

このようなことからも、SEOで検索上位を獲得し、検索流入によって集客をしようと考えている場合は、知識とスキルを持った人材をあらかじめ確保しておくことが大切になるのです。

成果を出るのに時間がかかる

SEOで上位表示させるためには、半年から1年程の時間がかかることもあります。

そのため、SEOで上位表示をして成果を得たい場合は、1年程前からコツコツとサイトを強化していくことが大切です。

また、一度公開したページを数か月後にチェックして、リライトという作業を行うことも大切になりますので、時間と手間がかかることを覚悟しておく必要があります。

このようなことから、今すぐコンバージョンを獲得したいと思っている場合には向かない手法と言えます。

短期的ならリスティング広告、長期的ならSEO対策

リスティング広告で集客をするか、SEO対策で集客をするかで迷っているのであれば、宣伝をする期間に着目してみることをおすすめします。

例えば、キャンペーンなどを行っていて、今すぐユーザーにアプローチをしたいと思っているのであれば、SEO対策よりもリスティング広告の方がおすすめです。

一方、あまり費用をかけず、長期的に販売していきたいと思っている商品やサービスは、SEO対策で上位表示を狙うことがおすすめです。

仮に上位表示をすることができれば、広告費をかけずに、ユーザーに情報を届けることができるようになるため、効率的にコンバージョンへと繋げることができるでしょう。

ただし、リスティング広告とSEO対策に優劣はありません。目的などによって使い分ける必要がありますが、理想は両方を併用することです。

そうすることで、SEO対策をしている最中は、リスティング広告で集客を行い、SEO対策の効果が出始めてきたらSEO1本に切り替えるということができるようになるでしょう。