リスティング広告の運用に役立つ便利ツール

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. リスティング広告の運用に役立つ便利ツール

リスティング広告の運用に役立つツール

リスティング広告を効率的に運用していく場合は、ツールの存在が必要不可欠です。ただ、広告運用初心者の方は、どのツールを使用すればよいかわかっていないことが多いです。

そこでこの記事では、リスティング広告の運用をサポートしてくれる高機能ツールを紹介していきます。

この記事を読めば、リスティング広告のデータが集めやすくなり、より効率的に運用をしていくことができるようになるでしょう。

リスティング広告運用のサポートしてくれる無料ツール

まずはリスティング広告運用のサポートをしてくれる、「無料」ツールについて詳しく解説していきます。

費用をかけずとも有効活用できるツールもたくさんありますので、是非参考にしてみてください。

キーワードプランナー

まずはキーワードプランナーです。

このツールは、キーワードの月間平均検索回数や上位表示の難しさ、入札単価などを調べることができます。使い方も簡単で、調べたいキーワードを入力するだけで、関連するキーワードのデータも表示してくれます。

キーワードプランナーは、ウェブサイト運営者やリスティング広告運用者にとっての基本ツールと言えますし、無料で利用することができますので是非導入してみてください。

Googleトレンド

続いては、Googleトレンドです。

これは、キーワードの年間検索数と、指定期間の検索数を調べることができるツールです。
トレンドのキーワードを調べたり、リスティング広告を打ち出そうとしているキーワードの需要を調べたりする時に使用することが多いです。

ただし、Googleトレンドが表示する数値というのは、あくまでも相対値となっています。
例えば、検索数が横ばいのキーワードがあった場合でも、実際は検索数が増えているというケースがあるということです。

そのため、Googleトレンドを使用する場合は、結果をあくまでも参考値として考え、他のツールとなどと併用して調べていくことをおすすめします。

goodkeyword

そして、Googlekeywordというツールもおすすめです。
これは、

  • Google
  • Yahoo!
  • 楽天
  • Bingo

などの検索エンジンから検索されている関連キーワードや複合キーワード、サジェストキーワードを調べられるツールです。

また、先ほど紹介したGoogleトレンドの結果も確認をすることができますので、非常に便利に活用できます。

また、比較的多くの検索エンジンに対応しているため、幅広くデータを集めたいと思っている場合は是非利用してみましょう。

karabiner

更に、karabinerというツールもおすすめです。
これは、キーワード賭け合わせツールというジャンルに分類され、リスティング広告運用者向けに開発されています。

また、絞り込み部分一致にも対応しているのですが、これはリスティング広告のキーワード賭け合わせツールの中でも珍しい機能となっています。
より効率的にキーワードを調査したい、効果の出そうなキーワードを炙り出したいという場合は、是非利用してみてください。

ラッコキーワード

続いては、ラッコキーワードです。このツールは、以前まで「関連キーワード取得ツール」と呼ばれていましたが、名称が変わり、ラッコキーワードとなりました。

機能面は以前から変わっておらず、

  • Google
  • Yahoo!
  • 教えて!goo
  • Yahoo!知恵袋

などのデータを収集することができます。

このツールを使うことで複合キーワードのデータを多く集めることができますので、キーワードの検索需要を調べる上では非常に役立ちます。

また、知恵袋などの検索結果も調べることができますので、ユーザーが悩んでいるポイントを押さえて広告文に活用していくこともできるでしょう。

キーワードウォッチャー

最後は、キーワードウォッチャーというツールです。
このツールは、「キーワードの検索数」「人気の複合キーワード」「検索された機関とボリューム」などを調べることができます。

また、株式会社クロスリスティングという大手企業が運営していて、提携している大手のポータブルサイトから情報を収集しているため、精度が高いです。

無料でも利用することができるのですが、ゴールドプランに加入をすることで、「関心キーワード」という機能を使うことができます。

これは、運営するウェブサイトに計測タグを設置して、訪問したユーザーがどのようなキーワードに興味を持っているのかを調べる機能のことです。
この機能を使うことで、お宝キーワードの発掘や、リスティング広告に設定しているキーワードの見直しなどを効率的に行うことができます。

さらなる成果を求めて。お役立ち有料ツール

今紹介した無料ツールよりも、更に高性能の機能を使いたいと思っている人や、精度の高い情報を得たいと思っている人は、有料ツールを活用してみることをおすすめします。
では、リスティング広告の運用に役立つ有料ツールとは一体何なのでしょうか。

shirofune

まずは、shirofuneというツールです。
このツールは、キーワードやURLを入力することで、データを自動解析し、キーワードの提案を行ってくれます。

また、リスティング広告を出稿した後の改善策も提案をしてくれるため、特にリスティング広告の運用知識が乏しい場合におすすめです。

このツールを使うことで、ハイレベルな広告運用知識、スキルが備わっていない場合でも、気軽にリスティング広告の運用をスタートさせることができるでしょう。

料金については、

セルフプラン→月額広告費×5%

サポートプラン→月額広告費×5%+10万円

となっています。

詳しいい料金形態については、ホームページに記載がありますので、気になる人はチェックしてみてください。

Lisket

そして、リスティング運用に特化したLisketというツールもおすすめです。
このツールでは、「キーワード調査」「構築レポート作成」「各媒体アカウント一括管理」「CSV出力機能」などを利用することができるため、リスティング広告出稿や運用に関する手間を省き、精度を高めてくれるのです。

料金については、アカウント数によって算出され、1~20アカウントまでの運用は月額1万円となっています。また、無料で利用できるプランも用意されていますので、ホームページで確認してみることをおすすめします。

ADflow

続いては、ADflowというツールです。このツールは、「バナー制作」「LP制作」「チラシ制作」などの管理をするためのツールです。

このツールを使うことで、制作物の発注から納品までの工程を可視化することができます。
また、ファイルやメールでのやり取りなどを一元化することができるのです。

ADflowの料金は、残念ながら公表されていません。利用機能や人数、容量などによっても料金が変わってくるため、気になる人はホームページより問い合わせをしてみることをおすすめします。

また、無料体験をすることもできますので、実際に利用してみてから本格的に導入するかを検討することも可能です。

THREe

最後は、THREeというツールです。これは、リスティング広告の運用を自動で最適化してくれるツールです。具体的には、「ヒト型ポートフォリオ」「ルール型運用」「バルクアップ機能」「除外キーワード機能」などを利用することができます。

リスティング広告運用の目的に合わせて機能を使い分けることができ、尚且つリスティング広告運用の手間を省くことができるため、是非とも導入しておきたいツールです。

このツールを使うための初期費用は一切かからず、月額費用が最低5,000円~となっています。
少額からでも利用することができますので、まずは試しに使ってみるというのも1つの方法でしょう。

ただし、デモ期間はありませんので、情報を精査した上での利用をおすすめします。