地域ターゲティングとは?リスティング広告の成果をあげる設定

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. 地域ターゲティングとは?リスティング広告の成果をあげる設定

地域ターゲティングについて

リスティング広告の成果を上げるためには、地域ターゲティングに注目をする必要があります。とはいえ、どこに注目して、どうやってエリアを絞ればいいのかわからない担当者の方もたくさんいるでしょう。

そこで今回は、ターゲット地域設定とは一体何なのか、具体的にどうやればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

ターゲット地域の設定とは

これは、広告を表示するエリアを絞って、特定のユーザーに配信できるという機能のことを指します。

例えば、「六本木」エリアで営業を行う飲食店の場合、沖縄や北海道にいる人に訴求をしても、高い効果を得られないことがあります。そんな時は、「東京」や「六本木」などにエリアを絞ることで、より高い集客効果に繋げられる可能性が高まるのです。

Googleは、IPアドレスやスマホのGPS情報、検索語句やGoogleマップの検索場所などからエリアを判定しています。

そのため、比較的正確に、居住地や関心を持っている地域を割り出すことができるのです。

このようなことから、特定の地域に住んでいる人、あるいは特定の地域周辺にいる人をターゲットとして設定している場合は、ターゲット地域設定を行って効率的に集客をしていくことが大切だと言えます。

対象外のユーザーでも検索語句にターゲット地域名が含まれていたら配信される

この設定を行うと、特定のエリアに住んでいる人、あるいはその地域を良く訪れる人にしか訴求ができないと思っている人もたくさんいます。

しかし、仮にターゲットエリア対象外のユーザーでも、その検索語句に指定したエリアが含まれていた場合は、広告の表示対象となります。

例えば、六本木に設定した場合でも、六本木という語句で検索をしている沖縄県民にも情報を伝えられるということです。

対象外のユーザーは、対象となっているユーザーと比べるとコンバージョン率が落ちてしまいます。

しかし、そのエリアで検索をかけているということは少なからず興味を持っているということですので、集客に繋げられる場合があるのです。

google広告で設定できる地域ターゲティング

続いて、Google広告で設定できる地域ターゲティングの範囲について、詳しく見ていきましょう。

国全体または複数の国

Google広告では、国全体または複数の国を選択して表示することができます。日本全国のユーザーを取り込みたい場合や、海外にもビジネス展開をしている企業に有効です。

ただ、比較的範囲が広くなりますので、ある程度まとまった広告費が必要になるケースもあります。

国内の地域

例えば、先ほども説明したように六本木を設定することもできますし、渋谷や新宿などを設定することも可能です。

ただし、全ての市町村を設定できるわけではないため注意が必要です。
仮に、指定したいエリアが存在しなかった場合は、周辺のエリアに設定をして表示していくことが大切です。

また、それぞれの地域を設定すると、リーチ数の確認が可能です。リーチ数を確認することができれば、より具体的に広告戦略を練ることができるのです。例えば、リーチ数が多いエリアには強めに広告を配信し、リーチ数が少ないエリアには、若干弱めに配信していくことで、効率的に集客へと結び付けられる可能性が高くなります。

特定の地点を中心とした一定範囲

Google広告では、選択した場所を中心として、そこから一定範囲であれば広告を表示することができます。

基本的には半径で指定する形になり、単位は「キロ」もしくは「マイル」となります。

また、

  • 地域名を入力する
  • マップ上で場所を指定する

というように、指定方法は2つありますので、自分に合った方法で、エリアを絞り込んでみてください。

Yahoo広告で設定できる地域ターゲティング

続いては、Yahoo!広告で設定できる範囲について、詳しく解説していきます。

都道府県

  • 東京
  • 埼玉
  • 神奈川

のように、表示したい都道府県を単一、もしくは複数選択することができます。

市区町村

都道府県の設定だと範囲が広すぎるという場合は、市区町村を選択して、更に表示するエリアを絞り込んでいくことができます。こちらも複数選択することができますので、その時の状況に合わせて選択していきましょう。

ただし、Google広告と同じく、市区町村によっては対応していない場合もありますので、その都度検索をしてその市区町村が対応しているかどうかを確認してみてください。

地域ターゲティングの設定方法

次に、地域ターゲティングの設定方法をそれぞれの媒体ごとに、詳しく解説していきます。

Googleの場合

国や地域を絞り込む場合は、

  1. 「管理画面」にアクセス
  2. 「地域」から鉛筆のマークを選択
  3. 表示したいエリアを選択
  4. 「一致」を選択

上記手順で設定可能です。

また、仮に国や地域を除外する場合は、「含まれない」という項目を選択してから、上記の手順を行ってください。

そして、半径で表示エリアを絞り込む場合は、

  1. 「管理画面」にアクセス
  2. 「地域」から鉛筆のマークを選択
  3. 地域を入力する
  4. 半径を入力して、単位を「キロ」「マイル」から選ぶ
  5. 「一致」を選択する

上記方法で設定をすることができます。

また、ピンモードで設定をする場合は、画面上の「ピンモード」を選択して、マップから地域を設定していきます。

Yahoo広告の場合

Yahoo!広告の場合は、キャンペーン設定ページに飛ぶと、「ターゲティング設定」という項目があります。そこには、「設定しない」「設定する」という2つの項目が用意されています。

設定するを選択した場合は、詳細情報の入力画面が表示されます。各都道府県入力欄から表示したいエリアを選択し、配信ボタンを押します。

この時に市区町村を指定したい場合は、都道府県の左隣にある「+」ボタンを押すことで設定をすることができます。

そして、画面右上には、配信する地域と入札価格の調整率が表示されています。

それぞれの地域で入札価格の割合を変動させることができますので、「引き下げ率」「引き上げ率」から設定を行っていきましょう。

引き上げ率は、0%~900%の範囲内で入札価格を高く設定をすることができます。一方、引き下げ率は、1%~90%の間で入札価格を低く設定することができるのです。

地域ターゲティングは店舗型ビジネスにおすすめ

地域ターゲティングを活用したリスティング広告運用は、特に店舗型のビジネスにおすすめです。

なぜなら、来店を考えているユーザーに訴求をしていくことができるからです。このように、来店の見込みがあるユーザーに直接訴求をしていくことができれば、リスティング広告の費用を抑えながら、来店数を増加させられる場合があります。

また、店舗周辺の地域と店舗からある程度距離があるエリアへの配信強弱を変更することができるため、より効率的に集客をしていくことができるでしょう。

更に、そのエリアに住んでいるユーザーだけではなく、その検索語句に興味があるユーザーに対しても訴求していくことができるため、

  • 旅行で訪れた人
  • 出張で訪れた人

などを取り込める可能性もあるということです。

このようなことから、実店舗型ビジネスを展開していて、WEBからの集客で今よりも多くのお客さんを呼び込みたいと思っている場合は、今回紹介した方法を参考にしながら、自店舗の集客数向上に向けてリスティング広告のターゲティング設定を活用していくことをおすすめします。