リスティング広告の入稿規定と使える記号や文字、マークについて

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. リスティング広告の入稿規定と使える記号や文字、マークについて

Google広告とYahoo広告の入稿で使える記号

リスティング広告を配信する場合は、自分で好きなように広告文を入力することができます。

ただ、yahoo広告やGoogle広告それぞれの媒体で広告文の入稿ルールが設けられています。そこでこの記事では、リスティング広告の入稿規定と、使える記号や文字、マークについて詳しく解説していきます。

リスティング広告の入稿規定

では早速、リスティング広告の入稿規定について詳しく解説していきます。

Google広告かYahoo!広告かでも入稿規定の内容が変わってきますので、特に両方の媒体で広告を出稿する人はしっかり頭に入れておくことが大切です。

Google広告の入稿規定

Google広告のタイトルは2つまで設定することができます。文字数は、全角15文字、半角30文字まで入力が可能となっています。また、「!」という感嘆符は記載できませんので、注意しましょう。

そして、広告文は、全角40文字、半角80文字まで入力をすることができます。
ただし、何度も同じ表現を繰り返すのはポリシー違反となり、不承認になってしまう可能性が高いため、不自然にならないように使い分けることが大切です。

また、広告文をできるだけ目立たせようとして無駄なスペースを作ろうとする人もいますが、これもポリシー違反となり不承認の現認となりますのでやめましょう。

更に、「…」や全角の計算記号の入力はできないことになっていますので覚えておいてください。

広告に表示するURLについては、ディレクトリまでであれば表示が可能となっています。
具体的には、「パス」という項目から設定することができ、尚且つ2階層まで決めることができます。

文字数は15文字まで入力することができますが、箇条書きを使用することは不可となっています。

Yahoo広告の入稿規定

Yahoo!の入稿規定は、Googleの入稿規定と若干違いがありますので、これを知らずに両方の媒体で類似した広告を出稿しようとしてしまうと、不承認になってしまう可能性が高まります。

Yahoo!の場合も、タイトルを2つ設定することができます。

文字数は全角15文字、半角30文字まで入力することが可能となっています。

広告文に関しては、全角40文字、半角80文字とGoogle広告と同じルールとなっています。
また、Google広告同様顔文字などを使うと、審査に落ちてしまいますので注意してください。

表示URLについても、Google同様ディレクトリまでの表示が可能となっていて、2階層まで設定することができます。

文字数は、全角7文字、半角15文字となっています。
ただし、連続で記号を使用したり、冒頭部分でスペースを空けたりすることはできませんので注意してください。

リスティング広告で使える記号

では、リスティング広告で使える記号とは一体何なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

google広告で使える記号・文字

句読点

句読点の使用は当然のことながら可能となっています。ただし、半角限定となっていて、連続して使用することはできません。

カンマやピリオド

こちらも半角限定で使用可能となっています。ただ、こちらも連続して使うことができませんので注意してください。

感嘆符や疑問符

これらの記号も使うことができます。これは全角でも半角でも使用可能となっているため、その時の状況に合わせて使い分けていきましょう。ただし、見出しでの使用や同じ記号の連続は不可となっていますので注意してください。

ダブル(シングル)クォーテーション

この記号は、タイトルに複数の語句が続いていて、その語句を区切るための使用であれば使用可能となっています。また、テキスト内では語句の区切り使用であれば可能となっています。

パーセンテージを示す場合に使用することができます。

○○と、という意味であれば使用することができます。

この記号は特に条件なしで使用することができますが、羅列や不適切な使用は不承認となる可能性がありますので注意しましょう。

/

スラッシュ記号は日付や何かを区別する時の表現、それから分数の表示などに使用することができます。

:

コロンは時間を表記する場合や、説明文の前に使用することができます。

ハイフンは、○○から○○というように、(~)記号の代わりとして使用することができます。

()

括弧は、略語を記載したり、補足説明をしたりする時に使用することができます。ただ、()以外の括弧については全角での入力ができず、半角のみとなりますので注意してください。

これは通貨の記号として全角文字で使用することができます。

このマークも、通貨の記号として使用することができるのですが、$マークと違って、全角文字の入力ができず、半角限定となりますので注意してください。

このマークを中点と呼ぶのですが、区分表示をする場合に半角入力のみ使用可能となっています。

これは省略記号として、全角、半角どちらでも入力することができます。

この記号については、半角入力しかできませんので注意してください。

このように、Google広告では、使用できる記号とできない記号、また使用する時の条件などを具体的に示していますので、少し面倒くさく感じるかもしれませんが、不承認を避けるためにもしっかりと確認をしておくことが大切です。

 Yahoo!広告で使える記号・文字

Yahoo!広告の場合は、Google広告のような具体的な条件は示されておらず、

括弧→全角、半角
引用符→全角、半角
句読点→全角のみ
中点→全角のみ
カンマ→全角、半角
ピリオド→全角、半角
パーセント→全角、半角
アンパサンド→全角、半角
コロン、セミコロン→全角、半角
三点リーダー→全角のみ
ハイフン→全角のみ
計算記号→-、+のみ半角、それ以外は全角
スラッシュ→全角、半角
疑問符、感嘆符→全角、半角

となっています。

目に止まってもらえる!効果的な記号の使い方

では、ユーザーの興味や関心を引き出すためには、どのように記号を使い分けていけばよいのでしょうか。

強調した表現

広告内で強調したい文章、語句がある場合は、【業界最安値】というように、【】を使って表現すると良いでしょう。
また、【】を使って語句を強調するというのは、リスティング広告の広告文を作成する時によく使われる形式ですので、

気になる人は、他社が出向しているリスティング広告を注意深く観察してみてください。

文章を区切る

業界最安値/続き〇円のパーソナルジムというように、/を用いることもおすすめです。
一文がだらだらと繋がっていると、ユーザーに読んでもらえなくなってしまう可能性が高いため、このようにスラッシュなどを使って文章を区切ることも効果的と言えます。

感嘆符や疑問符の使用

まだ間に合う!?40歳からの副業セミナーというように、「!」「?」などを使うと、よりユーザーの興味や関心を惹きつけることができるでしょう。

鍵括弧を使う

「まだ始めてないの?」○○○○というように、「」を使うことで、ユーザーの気持ちを代弁することができるため、購買意欲や興味、関心を引き出すことができるでしょう。

このように、リスティング広告には使える記号と、使えない記号、記号を使うための条件などがありますが、記号を使うことでよりユーザーを惹きつけることができ場合があります。

また、どのリスティング広告を見ても、何かしらの記号でユーザーの興味や関心を惹きつけようとしています。

そのため、これからリスティング広告を出稿する場合、あるいはリスティング広告の成果が思うように上がってない場合は、記号の使い方を見直してみることをおすすめします。