リスティング広告のCPAを改善するために必要なこと

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. リスティング広告のCPAを改善するために必要なこと

リスティング広告でCPAを改善する

リスティング広告のメリットを最大限に得るためには、CPAを改善することが大切です。

とはいえ、どのようにCPAを改善していけば良いかわからず、頭を抱えてしまっている人もいるでしょう。そこでこの記事では、CPAを改善するために意識すべきポイントについて、詳しく解説していきます。

CPAとは?

CPAというのは、獲得単価のことです。つまり、1つのコンバージョンを獲得するために、どれくらいの広告費がかかっているのかを指す指標です。

リスティング広告にかける予算から先に決めようとしまう担当者もいるのですが、まずはCPAを決めることが大切です。

CPAを先に決めることで、獲得したいコンバージョンから予算を逆算することができるのです。

CPAの決め方

では、CPAというのは、一体どのように決めていけばよいのでしょうか。代表的な決め方は、売り上げから、「原価」「人件費」「獲得したい利益」を差し引いた金額をCPAにするという方法です。

例えば、売り上げの単価が1万円で、原価と人件費に5,000円かかり、3,000円の利益を取りたい場合は、

1万円―5,000円―3,000円=2,000円

となり、CPAを2,000円に設定することができます。つまり、CPAが2,000円を超えない限り、赤字になることはないということです。

CPAを改善するために行いたいポイント

既にリスティング広告を運用している担当者の中には、CPAが下がらなくて困っている人もいるでしょう。

では、CPAを上げるためには、一体どのような施策を実施していけばよいのでしょうか。

重要なポイントをいくつか紹介していきます。

CPCを下げるために広告ランクをあげる

CPAを改善するためには、CPCと呼ばれるクリック単価を下げることが効果的です。
そうすることで、1クリックあたりの予算を減らすことができるため、CPAの改善につながる可能性があるのです。

ただし、CPCを下げてしまうと、掲載順位が下がってしまう可能性があります。こうなってしまうと、元も子もなくなってしまいますので、広告ランクをあげるために注力していくことが大切です。

というのも、広告ランクというのは入札単価だけでは決まりません。

  • 広告の品質
  • 広告表示オプションやその他の広告フォーマット

なども広告ランクに影響しますので、これらを改善していくことが大切です。

除外キーワードを指定して無駄クリックを減らす

CPAが上がってしまう理由の1つに、無駄クリックというものがあります。

これは、意図しない検索キーワードにより、広告をクリックされてしまうことを指します。
このような無駄クリックが発生すると、無駄な費用がかかってしまう事になります。

そのため、除外キーワードを設定して、無駄クリックを減らし、コンバージョンに繋がりやすい購買意欲の高いユーザーに訴求できるように改善していくことが大切なのです。

リンク先のページを改善してCVRをあげる

LPの質が低い、つまりユーザーの検索意図に沿っていない、あるいはユーザーの悩みを解決できていないという場合は、問い合わせや購入に繋げることが出難しくなってしまうため、CVRが下がってしまう可能性があります。

そのため、リンク先として設定しているLPをCVRが上がるように改善していく必要があります。
具体的には、

  • ターゲットを見直す
  • キーワードを最適化する
  • サイト自体を最適化する
  • 広告文を変更する

などの方法で、改善していくことをおすすめします。

CPAは大事な指標だけど全てではない

このように、CPAというのは、リスティング広告の効果を最大限に得るためにとても大切な指標となります。ただし、CPAの数値だけが全てではありません。

例えば、CPAを下げようと、無理にクリック単価や広告費用を下げてしまうと、クリック数やコンバージョン数が大きく減ってしまう可能性があるのです。

こうなってしまうと、当然売り上げや利益も落ち込むことになりますので、本末転倒になってしまうのです。

そのため、リスティング広告で利益や売り上げ、問い合わせを増やしたい場合は、全体的なデータを見ながら問題点を炙り出し、分析や改善をしていくことが大切なのです。

その過程で、CPAも大切になりますので、今回紹介した方法を使って数値を最適化していくことをおすすめします。

まとめ

CPAを改善していくことで、より少ない費用でコンバージョンを獲得できる可能性があるため、費用対効果が高まりやすいです。
そのため、現時点でCPAの高さに悩んでいるのであれば、

  • CPCを下げるために広告ランクを上げる
  • 除外キーワードを指定して無駄クリックを減らす
  • リンク先のページを改善してCVRを改善する

という方法を試してみることをおすすめします。

ただし、リスティング広告では、CPAの数値が全てではありません。このようなことから、CPAの数値はあくまでも参考値として判断し、全体的な数値を分析、改善していくことが大切です。

どうしても、CPAや全体の数値を分析したり、改善したりすることが難しい場合は、外部に依頼をしてみるということもおすすめです。