どっちがいい?リスティング広告とディスプレイ広告のメリット・デメリット

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. どっちがいい?リスティング広告とディスプレイ広告のメリット・デメリット

広告を利用して、売り上げの拡大や問い合わせの増加を狙っているウェブ担当者の中には、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらを出稿するべきかで悩んでいる人もいるでしょう。

また、そもそもリスティング広告とディスプレイ広告の違いがよくわからないという担当者もいるはずです。

そこでこの記事では、リスティング広告とディスプレイ広告の違いや、メリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

リスティング広告とは?

リスティング広告というのは、検索結果に連動して表示されるテキスト形式の広告です。
この広告を出稿するメリットとしては、

  • 購買意欲の高いユーザーに訴求できること
  • すぐに始められること
  • 成果要因を確認しやすいこと

などが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • 広告運用担当者のスキルが試される
  • 予算が少なすぎると効果が出にくいこともある

などが挙げられます。

ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告というのは、ブログや動画、アプリなどの広告枠に表示される広告のことです。ディスプレイ広告のメリットとしては、

  • 潜在顧客にアプローチができる事
  • テキスト以外にも画像や動画を使用できること
  • 単価が低くなりやすいこと

などが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

  • 購買意欲の高いユーザーに直接アプローチしにくいこと
  • 成果要因の発見や分析がしにくいこと

などが挙げられます。

リスティング広告とディスプレイ広告の違い

では、そんなリスティング広告とディスプレイ広告の違いについて、詳しく見ていきましょう。

これから紹介する違いを正しく理解することができれば、自社の製品や商品はリスティング広告で配信すべきなのか、ディスプレイ広告で配信すべきなのかを正しく判断することができ、成果に直結させることができるでしょう。

表示される場所

リスティング広告というのは、検索結果の一番上もしくは、一番下に表示されることが多いです。つまり、お金を払ってコンテンツを上位表示させることができるのです。

また、検索キーワードと連動して表示されますので、既にその商品や製品に興味を持っている人の購入や問い合わせに繋げることができるのです。

一方ディスプレイ広告というのは、動画内、アプリ内、ブログ内のサイドバーなどに表示されることが多いです。そのため、その商品や製品を購入してみたいと思っている人に直接アプローチをしていくことは難しいのですが、

  • 若干興味がある
  • 良い商品があれば購入したい

と思っている人に、「気づき」を与えることができるのです。

そうすることで、自社製品や自社サービスに興味を持ってもらうことができ、問い合わせや売り上げに繋げられる場合があります。

ターゲットの層

・リスティング広告→購買意欲が高いユーザー

・ディスプレイ広告→課題を抱えていて、その解決方法がわかっていないユーザー

上記がそれぞれのターゲットとなります。

そのため、広告を出稿する目的に合わせて、リスティング広告かディスプレイ広告かを選択していく必要があります。

例えば、

商品の知名度アップではなく、特定の商品の売り上げを上げたい

という場合は、リスティング広告が効果的です。

しかし、とにかく商品や会社の認知度を高めたいという場合は、リスティング広告よりも広範囲に情報を拡散できるディスプレイ広告の方が効果的と言えるのです。

広告に必要な素材

広告に必要な素材がそれぞれ違います。

リスティング広告の場合は、テキスト形式でしか広告を出稿することができませんので、広告文やLPがあれば、すぐに配信することができます。

そのため、運用者側で特に用意する素材というのはないのです。ただし、その分動画や画像で印象付けることが難しいため、ユーザーが求めている情報を的確に伝え、問い合わせや購入に繋げられる広告文を作成することが大切です。

しかし、ディスプレイ広告を導入する場合は、

  • テキスト
  • 画像
  • 動画

などの素材が必要になりますので、リスティング広告と違って素材の用意に時間がかかるでしょう。事前に準備しておくことが大切です。

また、ディスプレイ広告においては、画像や動画を使って宣伝していくことになりますので、できるだけ質の高い、ユーザーの記憶に残りやすい素材を作成しておくことが大切なのです。

特に自社製品や自社サービスのブランディングを行いたいという場合は、インパクトのあるキャッチコピーやフレーズが大切です。

また、製品を宣伝したい人の性別や年齢層などをできるだけ細かく設定するターゲティングを行う必要があります。

まずはリスティング広告から始めるのがおすすめ

このように、リスティング広告とディスプレイ広告には大きな違いがあります。

2つの広告タイプにそれぞれメリットとデメリットがありますが、どちらの広告にしようか迷っている場合は、リスティング広告から始めてみることをおすすめします。

記事内でも解説しましたが、ディスプレイ広告というのは、リスティング広告と比べるとコンバージョン率が下がる傾向にあり、尚且つ成功要因の把握や分析も難しいです。

そのため、広告運用の経験があり、無駄のない運用ができる自信がある場合は別ですが、知識のない担当者がディスプレイ広告を運用してしまうと、効果を得られない可能性が高いのです。

一方リスティング広告というのは、その商品やサービスに興味を持っている人に直接アプローチしていくことができるため、広告文やLPをしっかりと作り込んでおけばコンバージョンが増える可能性が高いのです。

また、CPAと呼ばれる獲得単価も下がる傾向にあるため、少ない費用で効果を得ることができる場合もあるのです。

ただし、ディスプレイ広告とリスティング広告は、必ずどちらかを選択しなければならないというものではありません。

運用者に経験と知識があり、尚且つ予算がある場合は同時に広告を配信することもできますので、その時の状況や広告を配信する目的によって使い分けていくことをおすすめします。

また、リスティング広告に比べてディスプレイ広告は効果が出にくい、というわけでもありませんので、広告を配信することでどんな結果を得たいのかという最終目標から、どちらの広告タイプを利用するか逆算していくことが大切です。