知っておきたい!リスティング広告のメリットとデメリット

date
update
category

リスティング広告

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. リスティング広告
  4. 知っておきたい!リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告のメリットとデメリット

インターネットが主流になり、人々のネットリテラシーが高まっている現代では、ビジネスにリスティング広告を使うのが当たり前になってきています。

ただ、リスティング広告を配信しようとしている経営者、もしくはウェブ担当者の中には、「リスティング広告には一体どんなメリット、デメリットがあるの?」という疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、リスティング広告のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、きっとリスティング広告に関するモヤモヤを払しょくすることができ、自分のビジネスに役立てていくことができるでしょう。

リスティング広告の強み・メリットを紹介

では早速、リスティング広告の強みや、メリットについて解説していきます。

これから紹介する項目に少しでも魅力を感じたのであれば、前向きにリスティング広告の配信を検討してみることをおすすめします。

購買意欲の高いユーザーに配信

リスティング広告を配信することで、購買意欲の高いユーザーに情報を伝えることができます。なぜなら、リスティング広告というのは、検索キーワードを指定して、打ち出すことができるからです。

例えば、リスティング広告に関するセミナーを事業として展開している場合は、

リスティング広告 運用方法

などの検索キーワードを指定して広告を打ち出すことで、購買意欲の高いユーザーに直接情報を届けることができるのです。

その結果、自社セミナーの集客や知名度アップに期待できるということです。

最短当日で始めることができる

リスティング広告を配信しようとしている人の中には、「時間がかかりそう」「操作が難しそう」という不安を抱えている人もいるでしょう。

しかし、リスティング広告というのは、Googleの審査に通ればすぐに出稿をすることができます。審査にかかる日数は、0~1営業日となるケースが多いため、最短当日で始めることができるのです。

費用を自由に決めることができる

リスティング広告というのは、1日ごと予算を設定しなおすことができます。また、管理画面から配信状況をリアルタイムで確認することができるため、

  • 効果が高い日→予算を上げる
  • 効果が低い日→予算を下げる

など、柔軟に対応していくことも可能なのです。

更に、テレビCMなどで宣伝をする場合、局にもよりますが数十万円~数百万円程度、場合によってはこれ以上の費用がかかることもあります。しかし、リスティング広告というのは、数万円程度の予算から始めることができるため、低リスクで運用できるのです。

決めた地域や時間帯に配信ができる

リスティング広告というのは、地域や時間帯を限定して配信することができます。例えば、

六本木 フレンチ

で検索をしてくるユーザーに訴求していきたい場合、北海道に住んでいる人に表示する必要はありませんよね。

また、土日休みの一般企業に向けた広告を配信したいのであれば、土日に配信をするよりも、平日の昼間に配信した方を効果が得られるかもしれません。

このように、ターゲットとする人物に合わせて広告の配信設定を行っていくことができるため、無駄のない広告配信ができるのです。

クリック課金で予算の管理がしやすい

先ほども解説したように、リスティング広告はクリック課金型の広告となっています。
仮に、月額〇円というような形であれば、成果が出るかがわからないため、ギャンブルになってしまう事もあるでしょう。

しかし、リスティング広告はクリックされなければ、費用がかかることはありません。つまり、広告が見られた分だけ費用を支払えばいいということになるのです。

当然、クリックをされたからと言って、必ずしも売り上げや問い合わせに繋がるわけではありません。

そのため、最初は様々なキーワード、エリアなどでテスト配信をしながら、最も効果的な訴求方法を分析していく必要があります。

とはいえ、クリック課金型ですので、最小限の費用でクリック数や直帰率のデータを入手することができるため、ビジネスを加速させていきたいと思っているのであれば、是非リスティング広告を活用してみてください。

リスティング広告のデメリット

ただし、リスティング広告にもいくつかのデメリットがあります。

このデメリットについて理解せずに広告を配信してしまうと、高い効果を得られない可能性がありますので、これから紹介するデメリットについてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

キーワードによっては単価が高騰しやすい

リスティング広告というのは、クリック単価が一律ではありません。検索回数の多いキーワードなどで広告を配信しようとすると、クリック1回あたりの単価が高くなりやすいです。

大手企業や資金に余裕のある企業であれば問題ありませんが、資金的な体力がそこまでない場合は、できるだけこのような高単価過ぎるキーワードを避け、もう少しライバルが少ないキーワードで配信していくことをおすすめします。

キーワードの単価は、

  • Google AdWords
  • Yahoo!プロモーション→キーワードアドバイスツール

などを使うことで、調べることができます。

配信後も管理・改善が日常的に必要となる

リスティング広告の配信、運用を検討している人の中には、「リスティング広告は一度配信すれば後は放置で良い」と思っている人もいます。

しかし、リスティング広告の運用にはある程度の手間がかかります。なぜなら、配信したリスティング広告の反応を見つつ、「どうすればもっとクリックされるのか」「どうすればリスティング広告経由で問い合わせを増やすことができるのか」

ということを分析していく必要があるからです。

仮に分析をせずにリスティング広告を運用すると、ただ費用がかさんでしまうだけで、問い合わせや受注に繋がらなくなってしまう可能性が高いです。

そのため、費用対効果を定期的に精査して、キーワードやLPなどを見直していく必要があるのです。

運用者のスキルが問われる

リスティング広告には、

  • 入札戦略
  • マッチタイプ
  • 豊富なオプション

などがあるため、リスティング広告の運用スキルが非常に大切になってきます。

特にライバルが多く、検索回数が多いキーワードでリスティング広告を打ち出していく場合は、知識のない素人を担当者として配置するのではなく、知識とスキルを兼ね備えた人材を配置することが大切です。

リスティング広告を見様見真似で始めた企業の中には、ウェブに関する知識や広告に関する知識を持った人材が揃っていないことがあります。

しかし、知識を持っていない人材をリスティング広告運用担当にしてしまうと、そもそも成果が正しく出ているのかすらわからない状態になってしまうのです。

まとめ

リスティング広告には、たくさんのメリットがあります。上手に活用することができれば、自社の製品やサービスを、よりたくさんの人にアピールすることができるため、売り上げや問い合わせの増加に繋げることができるでしょう。

しかし、いくつかのデメリットも存在します。ただ、このデメリットを完全に排除することはできませんので、上手に向き合っていく必要があります。

デメリットと上手に向き合うためには、リスティング広告についての知識やスキルを兼ね備えた人材を担当者として抜擢する必要があります。

とはいえ、このような人材がいないというケースもあるでしょう。

そのような場合は、リスティング広告の運用を代行している外部の企業に依頼をしてみることも1つの手と言えるでしょう。